このブログは、アフィリエイトを利用しています。
閲覧中に気になる広告バナーがあれば、それらの広告も見てくださいネ。
尚、私のウェブサイトは、パソコンでのみ表示の確認を行っています。
一方、このブロクで利用している広告バナーにて、その広告主と私のサイトの提携解除などの理由によりリンク切れしている場合があります。ご指摘を頂ければ幸いです。


2020年01月26日

イワヒバというらしい

私なりにめずらしい

賃トリの際、いろいろなことに従事しているとそれなりの珍しいものを見かける時があります。
特に、母屋も含む住宅の解体作業時には、得意先は不用品で処分が必要な物品でもう〜ん。これはなんなんだろうってものもあります。
私は、庭師ではありませんが、一緒に作業を従事ている方は、庭師らしく、これは、生育が遅く、一時期、はやったものらしく、イワヒバ という物らしく、別名、岩松 ともいうらしいです。

e87.com(千趣会イイハナ) e87.com(千趣会イイハナ)

古典園芸植物らしい

一緒に作業を行っている庭師、曰く、数センチ伸びるのに、数年、或いは、十年程度はかかるらしい。
一方、私個人の顧客でも、以前はあったらしいですが、除草剤をぶっかけても枯れなかったらしい。
詳細なことは、分かりませんが、とにかく観賞用で、手入れも難しいものではない感じです。
下記に、鉢や軽石に植えているものを紹介します。

軽石に植えているパターン

見た目は、非常に重そうですが、軽石に植えているため、そんなに重くはない感じです。
庭師、曰く、軽石に植えたものが、貴重価値があるらしい。

イワヒバ

植木鉢に植えているパターン

今回、紹介しているイワヒバの見た目は、枯れているように見えますが、水をかけると直ぐにイキイキした状態になるらしいです。
とにかく、これらの大きさまでになるのが、数年ではきかないとか・・・

イワヒバ イワヒバ

私個人的には、とにかく珍しいです。
盆栽的には、それなりの手入れが必要と思いますが、私のようなグータラな性格でも枯らすことなく、年間を通して楽しめような植物です。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2020年01月26日
新規投稿
−以 上−
posted by 栃木の自然派人間 at 12:49| 栃木 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。