このブログは、アフィリエイトを利用しています。
閲覧中に気になる広告バナーがあれば、それらの広告も見てくださいネ。
尚、私のウェブサイトは、パソコンでのみ表示の確認を行っています。


2018年12月14日

年末の大掃除の準備です

年末に向けての片付けです

何時もながら、年末は、あまり持ち越したくないことも含め、バタバタすることが多いです。
今回、私が一番好きな活動である環境美化運動を行いました。
今までの賃トリなどで、集めていた非磁性体の物品を主に搬出しました。

Brandear オークション(ブランディア公式オークション)

今回、処分して貰った物品の一部

今回は、今年、諸々の片付け作業時に発生した磁石につかない物品を主に搬出しました。
オーステナイト系のステンレス (一般的に非磁性体です。但し、治具などで利用すると磁化される場合が多いです。) は、ステンレスの価格で引き取って貰えますが、その他のステンレスの引取価格は、一般的な鉄と同様な扱いです。
下記に、今回、引き取って頂いた不用品の買取価格を紹介しなす。
尚、これらの価格は、業者さんとの取引状況などにより、異なります。
参考値として捉えてください。

品目
単価 (税抜き)
雑誌 (1)
JPY 5-/kg
新聞
JPY 12-/kg
バッテリー (2)
JPY 40-/kg
雑線 (3)
JPY 40-/kg
ガラニウム (4)
JPY 40-/kg
  1. 広告のチラシは、雑誌に分類されます。
  2. 自動車用ですが、トラクターなどで利用されている物品も含みます。
    但し、自動車用の場合は、売買の取扱に留意が必要な場合があります。尚、バッテリー液は、入った状態です。
  3. ジャンパー線も含み、被覆の被った電気の線です。
    尚、栃木県大田原市の行政のクリーンセンターの場合は、有料にて処分されます。
  4. 一般家庭にある不用品となったアルミ製の鍋やヤカンの部類です。
    尚、栃木県 大田原市の行政のクリーンセンターの場合は、有料にて処分されます。

行政はおかしいと思います

中傷する訳ではありませんが、特に、栃木県 大田原市のゴミ (不用品) の処分に関しては、酷すぎます。今回、紹介した不用品の物品も全て、有料処分です。
隣接する他の自治体は、無料で、更に、行政の指定するゴミ袋を利用し、クリーンセンターに搬出すると無料処分です。
一方、大田原市の場合は、いかなる場合も有料処分で、友人と一緒にクリーンセンターに持ち込む場合も、クリーンセンターの所長より、口頭にて収集運搬の資格を有していない方は、罰則があるとまで、指摘され、運転免許書のコピーまでされた経験があります。

少し、小遣い稼ぎする予定です

2018年12月21日あたりに、私の諸々の取引先の不用品を回収し、少しでも、年末に向けての小遣いにする予定です。この次回に回収する物品は、主に、鉄類で、搬入先が、農家さん関連ですので、量が比較的、多いと思います。
一方、3連休の末尾は、住之江の決勝と思いますので、このスクラップで得たお金で、遊べれば、御の字です。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年12月14日
新規投稿
−以 上−


posted by 栃木の自然派人間 at 21:14| 栃木 ☀| Comment(0) | 環境の保全を図る活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

住処の片付けを行いました

後少しで、年末です

今年も2か月程度です。毎年、年末の時期は、自分自身の物品の片付けなど、アタフタすることが多いです。
最近、多方面の方々より、声をかけて頂き、賃トリに励んでいますが、自分の片付けは、後回しの状態です。(即金性が乏しいため、後回しの場合が多いです)
今回、思い切って、私なりの不用品の片付けを行いました。

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

今回の買取価格

私個人の搬出ですので、搬出した量は、非常に少ないですが、栃木県 大田原市のクリーンセンターにて、処分を依頼すると、マニフェストも貰えず処分代金が必要です。つまり、栃木県 大田原市の行政に処分依頼をしたと話しても、証明することができず、不法投棄されたと言われる可能性があります。
一方、リサイクル関連の業者さんに依頼すると、引き取ってもらった品目と量を、計量証明された書面で記録に残すことができます。

今回、主に搬出し、業者さんに処分して頂いた品目と、その買取価格を下記に紹介します。
尚、これらの価格は、業者さんとの取引状況などにより、異なります。
参考値として捉えてください。

品目
単価 (税抜き)
新聞
JPY 12-/kg
雑誌 (1)
JPY 5-/kg
ダンボール
JPY 12-/kg
ペットボトル (2)
JPY 3-/kg
鉄くず
JPY 24.5-/kg
雑品
JPY 15-/kg
雑線 (3)
JPY 130-/kg
  1. 広告のチラシは、雑誌に分類されます。
  2. 中身も洗浄せず、キャップ、ラベルが付いた状態です。但し、飲み残しなどの中身は、入っていない状態です。
  3. 一般的な電気の線です。被覆が被った状態での買取価格です。

少しは、片付きました

片付け作業を人に依頼するとお金が必要です。いくら処分費を必要とせずとも、依頼を受けた人の作業代金は、必要になります。
現在、ガソリン税も含むガソリン代金は、右肩上がりの状態です。
処分費を掛けたくない方は、各位で、各位の不必要な物品を搬出すればよいと思っています。

明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年10月27日
新規投稿
−以 上−


posted by 栃木の自然派人間 at 19:05| 栃木 ☁| Comment(0) | 環境の保全を図る活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月01日

環境美化運動を行いました

日当には、なった感じです

稲刈りや土手の草刈り、住宅などの解体作業のお手伝いなど、最近、私が、一番、大好きな環境美化運動を行っていませんでした。
私自身の諸々の取引先さん宅も不用品が溜まっていたようです。
本日、一日かけて、得意先の不用品の処分を行いました。
私の運搬する手段は、軽トラのため、1回で運べませんでした。今回、3回に分けて運びました。

今回の買取価格

紙類も、新聞、雑誌、及び、ダンボールなど仕分ければ、お金になります。
仕分けないと、平均された金額になり、損になり、場合により、引き取って貰えない可能性もあります。
下記に、今回、引き取って頂いた不用品の買取価格を紹介しなす。
尚、これらの価格は、業者さんとの取引状況などにより、異なります。
参考値として捉えてください。

品目
単価 (税抜き)
新聞
JPY 12-/kg
雑誌 (1)
JPY 5-/kg
ダンボール
JPY 12-/kg
茶袋 (2)
JPY 1-/kg
ペットボトル (3)
JPY 3-/kg
スチール缶
JPY 21-/kg
アルミ缶
JPY 90-/kg
バッテリー (4)
JPY 50-/kg
鉄類
JPY 27-/kg
  1. 広告のチラシは、雑誌に分類されます。
  2. お米のいちやあけの袋を、主に引き取って貰いました。
  3. 中身も洗浄せず、キャップ、ラベルが付いた状態です。但し、飲み残しなどの中身は、入っていない状態です。
  4. 自動車用と限りませんが、バッテリーも引き取ってもらえます。尚、バッテリー液は、入った状態です。

プラスチックについて

プラスチックも、再生の有無の含み、数種類あるそうです。
このプラスチックも、数が集まれば、無料で引き取って貰える場合があり、相手先に搬出すれば、お金が貰えるらしいです。
一方、塩ビパイプも、状態によるらしいですが、無料の処分、或いは、場合によりお金になるらしいです。
尚、これらの引取先の業者さんは、栃木県内にあります。

基本的に、アンテナを高くはれば、不必要なお金を払う必要もなく、リサイクルが進むと思います。
農協も含み、行政サイドに任せは、損するだけで、彼らの泡銭になっているだけと思います。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年10月01日
新規投稿
−以 上−


posted by 栃木の自然派人間 at 21:10| 栃木 ☀| Comment(0) | 環境の保全を図る活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月15日

仕分ければ、お金です

片付けの余力です

お盆の前、私自身のお客様宅を訪問し、各位の不要品を回収し、スクラップ業者に搬出しました。
東京の認定NPO法人に務めておられ、現在、栃木県大田原市にて、こだわりの農家さんのお手伝いをされている方がいますが、私のこの活動は、落ちぶれた活動らしいです。(明確に言われました)
しかし、私自身、即金性が高く、かつ、お客様宅が片付くことで、比較的、好評を得ています。

お盆を迎えることより、関係者宅のみを訪問し、各位の不要品を回収し、適切に処分することがですました。
今回、適切に処分した物品のスクラップ業者における買取価格を紹介します。

最近の買取価格

下記に紹介する買取価格は、スクラップ業者さんとの取引状態、搬入する量などにより、搬入者は、同一価格ではありません
あくまでも、参考として捉えてください。

栃木県 大田原市の市民にて、不要品として、下記に紹介する物品は、広域クリーンセンター 大田原にて、有料で処分してくれるそうです。
つまり、俗に言われている資源ゴミも、栃木県 大田原市の場合は、有料です。
隣接する栃木県 那須塩原市、矢板市は、無料です。

品目
単価 (税抜き)
スチール缶
JPY 19.5-/kg
アルミ缶
JPY 90-/kg
ペットボトル (1)
JPY 3-/kg
ダンボール
JPY 8-/kg
新聞
JPY 10-/kg
雑誌 (2)
JPY 4-/kg
鉄類
JPY 25.5-/kg (3)
  1. 中身は、洗浄せず、かつ、ラベル、キャップ付きの状態です。
  2. この業者は、新聞のチラシは、雑誌の部類に入ります。
  3. 量が集まれば、単価が上がる傾向です。取引業者によっては、JPY 29-/kgの業者もいます。

古物商の必要性について

環境美化運動と、私自身、洒落こんでいる環境の保全を図る活動にて、古物商の取得の有無が、問われる場合があります。
以前、古物の分類についてにて、ブログに投稿しましたが、大田原警察署 生活安全課の担当者より、私が回収し、搬出している物品の内容より、古物商を取得する必要はないらしいです。
大田原警察署 生活安全課よりのコメントですが、仮に、古物商を取得した場合、看板の掲示義務、処分した物品の記録など、諸々のことで、自由な活動ができない可能性があるらしいです。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年08月15日
新規投稿
−以 上−


posted by 栃木の自然派人間 at 22:08| 栃木 ☁| Comment(0) | 環境の保全を図る活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

処分費が必要なものが増えつつあります

リサイクルできるのに・・・

今まで、不要品の処分費は、必要でない物品が多く、リサイクルできる物が多かったです。
具体的には、洗濯機、液晶モニターなどのテレビなどは、処分費を必要とせず、無料、或いは、場合によりお金にすることができました。
しかし、現在は、諸々の規則があり、有料で処分しなければならなくなりつつあります。

不要品、つまり、ゴミの処分の方針などは、行政が主体みたいです。あきらめるしかありません。
しかし、行政の方々は、あまりにも、無知としか言いようにしかありません。多分、どこかで、私欲が絡みつつある感じがします。
特に、栃木県大田原市の場合は、隣接する自治体の住民の方々より、呆れられています。私自身、行政側の私利私欲を強く感じられます。

今回、最近、リサイクルした物品の買取価格の紹介と、今後、リサイクルする不要品のものの程度の状態を紹介します。

リサイクルした物品

一般的な家庭でも発生する不要品も、やり方次第で、処分費を必要とせず、お金にすることができます。
更に、事業系などの不要品のリサイクルは、ダメなどと、とやかく言われることもありません。但し、正規に処分、リサイクルした証明が必要な場合は、業者に依頼すると、それなりの証明書を作成してくれる業者が多いです。(計量証明事業登録している業者さんと取引することを推奨します。)
下記に、今回、リサイクルした物品の一例を紹介します。これら紹介する金額は、各位と業者さんとの取引状況などにより異なります。
参考として、とらえてください。

品名
税抜き単価
ペットボトル (1)
JPY 3-/kg
アルミ缶
JPY 90-/kg
スチール缶
JPY 19-/kg
新聞
JPY 10-/kg
雑誌 (2)
JPY 4-/kg
ダンボール
JPY 6-/kg
くず鉄
JPY 25〜25.5-/kg
込真鍮 (3)
JPY 350-/kg
  1. キャップ、ラベル付きで、中身は、洗浄していない状態です。尚、ラベルの有無で単価が異なるらしいです。
  2. 新聞広告などのチラシは、雑誌に分類されます。
  3. 昔ながらの水道の蛇口で利用されている真鍮です。

うるさくなりつつある物品

今までは、単に、業者に出していればよかった不要品も、少しづつ、持ち出しの際、注意が必要になりつつあります。
下記に、それらの内容を紹介します。

ダンボール

今後、下記の状態のダンボールのリサイクルは、ダメな方向になりつつあります。
リサイクル業者さんと、その引き取り先の業者さんとの間でも、指摘されたそうです。

  • 程度によりますが、水に濡れたものは、ダメらしいです。
    但し、多少の水の濡れは、引き取ってもらえる場合があります。
  • 油を含んだダンボールは、ダメらしいです。
    多少でも、軽油、灯油などの油を含んだダンボールは、引き取り先の業者さんより取引停止の方向になるらしいです。

家電雑品

ドライヤー、電気炊飯器、掃除機などの家電雑品は、今までは、リサイクルとして引き取ってもらえました。
基本的に、基盤が付いていると、多少なりとも、リサイクルとしてよかったみたいです。
但し、今後は、リサイクルとして搬出しないほうがよさそうです。

一方、室内、室外のエアコンは、まだ、リサイクルとしてお金を貰えるみたいです。多分、これら物品の内部は、銅製品を多く含んでいるためと思われます。
しかし、エアコンの処分は、基本的に、リサイクル券を必要とするらしいです。つまり、行政側の何処かで、お金が動いていることと思われます。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2018年07月06日
新規投稿
−以 上−


posted by 栃木の自然派人間 at 14:32| 栃木 ☔| Comment(0) | 環境の保全を図る活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする