このブログは、アフィリエイトを利用しています。
閲覧中に気になる広告バナーがあれば、それらの広告も見てくださいネ。
尚、私のウェブサイトは、パソコンでのみ表示の確認を行っています。
一方、このブロクで利用している広告バナーにて、その広告主と私のサイトの提携解除などの理由によりリンク切れしている場合があります。ご指摘を頂ければ幸いです。


2019年11月02日

少し、片付いたかな

最近、暇しています

私が一番、大好きな活動は、環境美化運動の名のもとの古物です。スクラップです。何も考えず、取引業者先に持ち込んだ物品をおろしたら即金です。
一般家庭でも発生すると思われる物品、例えば、新聞、チラシ、ジュース類 の容器もお金になります。
私自身、農家さん関連のお手伝いや、仲間内で行った母屋の解体作業なども終わり、最近、暇しています。
このような時に、少しは、私自身の片付けも必要と思い、諸々の物品をスクラップ業者に搬出しました。
ちなみに、生活ゴミは、有料ですので、この生活ゴミの処分料金は、今回ゲットしたお金で処分することができました。

引き取って頂いた物品

各々、スクラップ業者さんに搬出した量は、100kg にも満たないですが、小ばかりで計量して頂き、お金にすることができました。
最近、私の周りにあるスーパーでも、紙類 (新聞、雑誌、ダンボール) は、ポイント還元してくれる場所を見かけるようになりました。 しかし、スーパーでのポイント還元より、スクラップ業者さんに搬出したほうが、高く単価を引き取って貰え、かつ、現金という即金は魅力的です。
今回、私が搬出した物品の一部を紹介します。
但し、各々の買取価格は、スクラップ業者さんとの取引状態により、大幅に異なります。あくまでも参考値として捉えてください。

品目
価格 (税別)
ペットボトル (1)
JPY 3/kg
ダンボール
JPY 5/kg
新聞
JPY 6/kg
雑誌 (2)
JPY 4/kg
家電雑品 (3)
JPY 0.5/kg
鉄類
JPY 12/kg « 安価が続いています。
バッテリー (4)
JPY 20/kg
込真鍮 (5)
JPY 260/kg « 前回より、JPY 40/kg 安くなっていました。
参照 » 先月はスクラップで助かりました
  1. 中身はなく、洗浄していない状態です。そして、ラベル、キャップも付いた状態です。
  2. 私が取引している買取業者は、広告のチラシも雑誌の扱いです。
  3. プラステックが付いていても、ある程度、基板があれば、昔々のビデオなども引き取って貰えます。
    ちなみに、広域クリーンセンター 大田原の場合、スクラップ業者さんでは、比較的、高額で引き取って貰える雑線(相場的には、JPY 180/kg) も含め、全て、JPY 150-/10kg の処分料が必要です。
  4. プラモデルなどの小さいバッテリーや、固形バッテリーより、トラクターなどで利用されているバッテリーは、喜ばれる傾向です。
    古物商の兼ね合い (自動車の部品の一部としてみなされた場合) でも、一般的な自動車のバッテリーも引き取って頂ける傾向です。
  5. 今回、搬出した物品は、ガス・レンジの火口の部分です。また、一般的な水道の蛇口も込真鍮の場合があります。

ある意味で暴落

今月 (2019年11月) 中旬頃に解体作業時に発生した物品を搬出しました。
搬出した物品にもかかわらず、買取価格が安くなっている感じがします。
下記に搬出した物品と、スクラップ業者さんのそれらの買取価格を紹介します。

品目
価格 (税別)
アルミサッシ (1)
JPY 80/kg JPY 90/kg (3)
鉄類 (2)
JPY 13/kg
  1. ビス付きです。
  2. 主に、屋根のトタンを搬出しました。
  3. 2019年11月14日の時は、JPY 90/kg でした。
Brandear オークション(ブランディア公式オークション)

行政のアナウンスを鵜呑みにしないほうが無難

中傷する訳ではありませんが、行政側の言うとおりにしては、ダメです。行政側も、紙類や鉄類などのような有価物の処分先は、私が搬出した場所と最終的には、類似しています。
行政側の処分方法の考え方は、基本的に焼却処分です。同一県内に再生場所があり、有価物品として引き取って貰える物品でも焼却処分です。
私は、リサイクルできる物品は、リサイクル業者さんに搬出して、物品の処分をお願いしています。この時に不用品を買い取って貰える際のリサイクル業者さんに喜ばれるであろう内容や行政側での不用品の搬出方法を紹介します。

ペットボトル

基本的に中身は、洗浄しなくても引き取って貰えます。
リサイクル業者さんは、キャップ、ラベルの有無でなく、ジュース類の飲み残しがあると非常に嫌がる傾向です。
ちなみに、行政側は、中身を洗浄することを強く指摘しているみたいですが、洗浄後の液の処分先は、単に下水道に垂れ流しせよということなのだろうか。

束ねないほうがよい

新聞やチラシなどを紐などで束ねてスクラップ業者さんに搬出している方を見かけます。
スクラップ業者さんにとって束ねていた紐などは、ゴミになるみたいです。新聞、チラシ、そして、ダンボールに仕分ける時、非常に手間がかかると思います。

スチール缶やアルミ缶の搬出の際、ビニール袋などに入れている場合も見かけます。
同様に、このビニール袋も、スクラップ業者さんにとっては、ゴミになるみたいです。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2019年11月17日
2019年11月14日 時点のビス付きアルミサッシのスクラップの単価を記載しました。
2019年11月13日
ある意味で暴落 を追記しました
2019年11月02日
新規投稿
−以 上−
posted by 栃木の自然派人間 at 19:09| 栃木 ☀| Comment(0) | 環境の保全を図る活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月27日

大火渡り祭を見ました

お祭りです

本日 栃木県 大田原市の 成田山にて、大火渡り祭なるものを見に行きました。
以前、取引先の受付の方が、疎水太鼓の演奏を行っていたので、この演奏も聞きたくて、栃木県に移転してから、初めて、大火渡り祭を見に行きました。
今回、この大火渡り祭の様子を紹介します。

コスメティックタイムズ e87.com(千趣会イイハナ)

とにかく火です

噂には、聞いていましたが、とにかく火です。煙です。
一歩間違えば、消防車が呼ばれとんでもないことになる感じです。

火です

初めのうちは、火というより、が凄かったです。
燃やしているものも木ではなく、葉っぱ付きの枝ですので、煙が、モクモクと凄い勢いでした。

火。その1

煙も治まり、火だけになりました。
私は、外側で見ていましたが、近くにいる修行僧みたいな方は、暑そうです。

火。その2

火渡りの様子

火もおさまり、燃やした木を炭みたいにし、火渡りができる状態になった時です。
一番、初めに偉そうな方が、最初に歩くみたいです。

火渡り。その1

徐々に、修行僧みたいな方が渡り、次に、一般参賀の方が渡っていました。
火渡りの際、靴、靴下は脱ぎ、ズボンなどを履いている場合は、膝までスボンをあげて渡るように、場内のアナウンスがありました。

火わたり。その2

疎水太鼓の演奏もありました

このお祭りで私が一番、見たかったのが、この疎水太鼓の演奏です。
知り合いの方は、演奏しておらず、少しガッカリでした。しかし、太鼓の音は、お腹に響きます。太鼓の演奏を聞くには、野外に限ります。

疎水太鼓

入り口には神輿もありました

今回のお祭りのお寺さんの入り口に神輿も飾られていました。何らかの意味合いもあることと思います。
ちなみに、この神輿は、大田原市で開催されている屋台祭りで登場している神輿です。
見た感じでは、栄町の神輿のようです。

みこし

意外と知らない地域のイベント

私は、神奈川県川崎市より、工場 (基本的には、事業) 移転してから、25年以上も栃木県の大田原市や那須塩原市に住んでいます。
移転時は、諸々と忙しく地域のお祭りなどは、見ることもありませんでした。離職後も、賃トリなどバタバタしていて、気持ち的な余裕がありませんでした。
後、何年、栃木で活動するか、分かりませんが、気が向いたイベントは見に行く考えです。
コセコセした環境では、コセコセしたものしか頭に浮かばないので、気持ち的に余裕を持てば、広々としたアイデアが思いつくと思います。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2019年10月27日
新規投稿
−以 上−
ラベル:お祭り イベント
posted by 栃木の自然派人間 at 21:54| 栃木 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月25日

最近、玄米食です

贅沢していると思う

私は、技術系農業手伝い、あらため、農業支援系技術者の自然派人間と洒落込んで、農家さんの賃トリも行っています。
最近の私の食生活ですが、2019年10月13日に、新規投稿した 玄米と黒米を入手できました で、紹介した黒米と、玄米、そして精米したお米を食べています。尚、精米したお米も化学肥料など利用せず栽培したお米です。
今回、これらのお米を組み合わせたご飯を紹介します。

フェリシモ【定期便】新規購入キャンペーン アフィリエイトプログラム

こんな感じです

ご飯の炊き方までは、こだわっていません。
私が利用しているお釜は、スーパーなどで安売りしていた電気炊飯器です。
携帯電話の写真機能で、写した場所も、私の住処なため、写真写りは、程々です。

玄米だけのご飯

精米したお米を食べておられる方は、異様に感じられると思います。
玄米だけのご飯は、白色ではなく、ある意味で、お米の色です。
ちなみに、ご飯の香りが、なんとも言いがたいく、プチプチ感がなんとも言えないです。

玄米だけのご飯

玄米と黒米のご飯

玄米と黒米を混ぜた場合は、赤飯のような色のご飯になり、全体的に、赤みがかった色のご飯になりました。
気分的には、贅沢、食べてみては、そんな感じかな〜って感じでした。

玄米と黒米のご飯

白米と黒米のご飯

白米に少し、黒米を混ぜた時のご飯です。
黒米を混ぜた割合は、白米、約3合に対し、コーヒー・スプーンの2杯半です。(体積比)コーヒー・スプーンの量は、山盛りでなくほんの少しです。

白米と黒米のご飯

食べてみると・・・

玄米食を食べると、精米したご飯では、物足りないです。精米したお米と黒米を混ぜると贅沢な味です。是非、オススメです。
一方、玄米に黒米を混ぜた場合は、気分的には、贅沢ですが、玄米の味が強く、お米自体の味が薄れる感じがします。

今回、紹介したお米は、種まきも含め化学肥料は、利用していません。除草剤も、散布せず、私がエンジン付きの除草機を押して除草作業を行っているお米で、ある意味でヨクメと思います。
あえて甲乙丙を付けるなら次の順番と思います。

  1. 玄米のみ
  2. 精米したお米 + 黒米
  3. 玄米 + 黒米

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2019年10月25日
新規投稿
−以 上−
ラベル:古代米 玄米
posted by 栃木の自然派人間 at 20:18| 栃木 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月13日

玄米と黒米を入手できました

玄米食用です

今年も、除草作業を手伝っている農家さんより、私のくいっぷち分として、除草剤、化学肥料などを利用せず、栽培しているお米を頂きました。当然、種まきの時もタチガレなどの化学資材を利用していません
この玄米を入手後、玄米食で食べられるように色選を通して貰いました。
尚、色選を通して頂いた際、古代米も農家さんより頂きました。

これら素性のはっきりとしたこれら食材の入手は、お金を出しても困難と思います。
私のくいっぷち分ですが、年に一回のため、私の卒業校の生活の際、直接、指導を受けた先輩に連絡後、早速、送りました。

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

古代米などを紹介します

玄米で食べられるよう色選を通したお米は、既に送り手元にないので、写真で紹介できませんが、色選を通した古代米も頂きました。
この古代米と、先輩に送った玄米の水分を紹介します。

古代米 / 黒米

細かいことは抜きにして、この古代米は、長粒米です。
この古代米と、一般的なお米を混ぜて炊くと赤飯みたいな感じになり、言葉で表現できないほど、美味しく食べられます。
一般的なお米、つまり、精米した白米より、玄米と一緒に食べるのがツウです。なかなか、食べる機会は少ないと思います。
ちなみに、混ぜる古代米の量は、各自の好みですが、5合釜に大さじ3杯程度より、各位にて試してみるのも良いと思います。

古代米/黒米

水分計

色選を通して頂いた玄米の水分も計って貰いました。
標準的な、つまり、一般的な水分は、把握していませんが、今回、入手した玄米の水分は、15.6 % でした。直感的に、そんなに乾いてもいないし、湿っぽくもないと思います。
ちなみに、ヒョコリと農家さん宅に訪問し、水分まで計測して貰える機会は、非常に少ないです。私自身の役得です。

水分計

今回紹介したお米について

玄米は、ほ場の風景など年間を通した風景などは、 稲刈りを終えていました-こだわり編 にて、紹介しました。
一方、古代米は、稲刈り直前と思われる状態を 変わった色の穂を見かけました にて、紹介しました。

今年も無事に農家さんとそれなりの付き合いができました。
来年も、通年同様に、私自身が作成したデータやアプリケーションのメンテナンスも含め諸々の個人サービスができるように活動していく考えです。

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2019年10月13日
新規投稿
−以 上−
ラベル:玄米 古代米
posted by 栃木の自然派人間 at 12:50| 栃木 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月03日

いろいろな物を買ってみました

消費税についてです

2019年10月01日 より、消費税率が、8 %  → 10 % に増税されました。
諸々のマスメデイアの報道もにぎやかな感じです。
一方、税務署よりも、通知が届き、全ての物品の消費税率が、10 % になる訳ではなさそうです。
今回、生活必需品や事業で利用する物品を購入し、それらのレシートを眺めて見ました。

基本的には8%みたい

2019年10月01日 以降、購入した物品の消費税率を紹介します。
相手方科目は、買掛金でなく、現金です。

消費税率
購入した物品
8 %
缶コーヒー » 購入場所は、コンビニです。
8 %
お惣菜 » 購入場所は、地元のスーパーです。
10 %
タバコ » 昔流だと、シガレットの部類と思います。
10 %
皮手袋 » 購入場所は、地元のホームセンターです。
10 %
軽油 » 軽油の本体価格は、10 %でしたが、軽油税は、非課税みたいです。

仮受消費税も含み、今後、税務署より届いた資料や関連サイトを眺めながら、仕訳について、再度、お勉強が必要です。
ちなみに、消費税率が変わっても、仕訳をきちんと行っていれば、特に、悩む問題ではないと思っています。

事業性の有無ではないみたいです

私は、諸々の賃トリ、つまり、個人サービスを行っています。
皮手袋は、外仕事の時に利用する機会が多いです。缶コーヒーは、私個人の飲料の場合も含め、仕事を一緒にしている仲間の場合もあります。
一方、軽油についてですが、ダンプなど事業で利用する場合がほとんどですが、その他の場合もあります。一般的な農家さんは、兼業などの区分なく、軽油税の免税券を貰い、軽油を購入して事業を行っている方を多く見かけます。

個人事業主の殆どは、確定申告を行っていると思います。
この確定申告時、売上の金額にかかわらず、仮払い消費税は、戻ってくる制度にならないものだろうか。
特に、低額所得者に対し、確定申告のご苦労さん手当みたいに、戻ってくれば、少しは、事業がやりやすいです。

マウスコンピューター/G-Tune 富士通 FMV LIFEBOOK MH

この投稿の改定履歴

このページには、各種広告も掲示しています。
掲示した広告、及び、スタイルの変更については、履歴を記載しません。

2019年10月03日
新規投稿
−以 上−
ラベル:税金
posted by 栃木の自然派人間 at 20:44| 栃木 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする